九州連合会規約

日本臨床細胞学会九州連合会会則

第1章 名称

第1条
本会は日本臨床細胞学会九州連合会と称す。

第2章 目的および事業

第2条
本会は九州地区における臨床細胞学の発展と普及を図るを以て目的とする。
第3条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • (1) 年1回の地方連合会およびその他の学術集会
  • (2) 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌の発行
  • (3) その他
第4条
本会事務局は国立病院機構九州がんセンター統括診療部病理診断科におく。

第3章 会員

第5条
本会は九州地区の日本臨床細胞学会支部会員で構成される。
第6条
支部会員以外の日本臨床細胞学会会員または非会員で、本会の学術集会に参加するものを当日会員とする。
第7条
会員は、本会総会または集会に出席して、業績を発表し発言することができる。
第8条
会員が退会または転居する場合には、事務局に通知しなければならない。
第9条
本会に多大の貢献をなしたものは、理事会の決議に基づいて名誉会員に推薦されることがある。
第10条
本会の趣旨に賛同し本会を賛助する個人または法人を賛助会員とする。

第4章 役員

第11条
本会に以下の役員をおく。会長1名、副会長2名、事務局長1名、理事若干名、幹事若干名、監事若干名。
第12条
役員の選出および任務は次の通りである。尚任期はいずれも1年とし再選を妨げない。
  • (1) 会長は理事会によって選出され、本会を主宰し、これを代表とする。
  • (2) 副会長は理事会によって医師1名、技師1名ずつ選出され、会長を補佐し、会長事故ある時はこれを代行する。
  • (3) 理事は各支部長および技師会員1名とし、会務に関する重要事項を協議決定し実行する。
  • (4) 事務局長は、幹事より選出され連合会の事務的業務を統轄し、執行する。
  • (5) 幹事は会長の委嘱により総務、庶務、会計、編集などの会務を実行する。
  • (6) 監事は理事会によって選出され、会の会計などを監査する。
第13条
本会に顧問を置く。顧問は理事会において推薦し、委嘱期間は1年とする。

第5章 総会並びに理事会

第14条
本会は、年1回総会を開催する。
第15条
本会は、年1回理事会を開催する。但し、会長が必要と認めた場合には臨時に開催することができる。

第6章 会計

第16条
本会の経費は、支部負担金および寄付金をもって処理する。(支部負担金については別に定める)会計年度は、毎年4月1日に始まり3月31日に終る。前年度収支決算は、理事会の承認を経て総会において報告する。

第7章 会則の変更

第17条
会則の変更は理事会で決議し総会の承認を得るものとする。
附則
1. 本会則は昭和60年7月14日から施行する。
附則
1. 名称変更にて平成27年4月1日第2章第4条一部改正、同日から施行する。

本会は九州細胞研修会の発展的解消により設立された日本臨床細胞学会九州支部を継承するものであり、従来の九州細胞診研究会雑誌および日本臨床細胞学会九州支部雑誌は、日本臨床細胞学会九州連合会雑誌と改名して継続発行するものとする。

スライドカンファレンス

症例の臨床情報や細胞写真を掲載しています。選択肢の中から正解を選んで投票してください。

事務局
日本臨床細胞学会九州連合会 事務局
国立病院機構九州がんセンター
統括診療部病理診断科
〒811-1395 福岡市南区野多目3-1-1
TEL: 092-541-3231