スライドカンファレンス

症例種別

甲状腺(0~1件表示/全1件中)

※写真をクリックすると拡大されます。
 

第32回日本臨床細胞学会九州連合会学会病理細胞診断セミナー(スライドカンファレンス)症例 4

種別:甲状腺

出題:独立行政法人国立病院機構長崎医療センター病理診断科 伊東 正博 先生

年齢 70歳代 性別 男性
採取部位 甲状腺 採取方法 穿刺吸引細胞診
検体処理法    

臨床所見

現病歴:右肺下葉に約3㎝径の結節影あり、肺癌が疑われTBLBが施行された。術前検査で甲状腺右葉に約1㎝径の結節と頚部リンパ節に腫大が発見され、FNAが施行された。
右肺下葉と甲状腺右葉の切除術が二期的に施行された。


  • Pap x20

  • Pap x40

  • Pap x40

  • Pap x100

  • Pap x100
正解 3.髄様癌
▼選択肢及び投票結果
1.濾胞性腫瘍 5件 (11.1%)
2.乳頭癌 1件 (2.2%)
3.髄様癌 33件 (73.3%)
4.未分化癌 5件 (11.1%)
5.悪性リンパ腫 1件 (2.2%)
投票総数 45件 (100%)  

スライドカンファレンス

症例の臨床情報や細胞写真を掲載しています。選択肢の中から正解を選んで投票してください。

事務局
日本臨床細胞学会九州連合会 事務局
国立病院機構九州がんセンター
統括診療部病理診断科
〒811-1395 福岡市南区野多目3-1-1
TEL: 092-541-3231

ページTOPへ