スライドカンファレンス

症例種別

消化器・口腔(3~4件表示/全4件中)

※写真をクリックすると拡大されます。
 

第33回日本臨床細胞学会九州連合会学会(沖縄)スライドカンファレンス症例 5

種別:消化器・口腔

出題:1福岡歯科大学・再生医学研究センター、2総合歯科学、3病態構造学 大野 純先生1、瀬野恵衣先生2、橋本修一先生3

年齢 60歳代 性別 男性
採取部位 右側上顎口蓋歯肉 採取方法 擦過細胞診
検体処理法 LBC法    

臨床所見

右側上顎臼歯部口蓋粘膜に点状白色病変および一部びらんを認める。自覚症状および接触痛はなく、周囲には硬結も認めない。同部より擦過細胞診を行い、細胞診検査後、生検を施行した。


  • Pap x20

  • Pap x40

  • Pap x60

  • Pap x60

  • Pap x60

  • Pap x60

  • Pap x60
正解 3.上皮内癌 (SIN3)
▼選択肢及び投票結果
1.上皮過形成症(過角化症を伴う) 8件 (5.8%)
2.中等度上皮異形成症(SIN2) 16件 (11.5%)
3.上皮内癌 (SIN3) 14件 (10.1%)
4.疣贅性癌 30件 (21.6%)
5.扁平上皮癌 71件 (51.1%)
投票総数 139件 (100%)  
 

第35回日本臨床細胞学会九州連合会学会(宮崎)スライドカンファレンス症例2

種別:消化器・口腔

出題:佐賀大学医学部 病因病態科学講座 臨床病態病理学分野 力武 美保子 先生     

年齢 60歳代 性別 女性
採取部位 肝内胆管(B5) 採取方法 ENBDチューブより採取した胆汁
検体処理法    

臨床所見

既 往 歴:6年前に進行大腸癌に対し、右半結腸切除術後。
現 病 歴:大腸癌の術後フォロー中に肝内胆管(B5,B4)の拡張を認めた。精査目的にERCPが行われ、B5にENBDチューブが留置された。


  • Pap ×10

  • Pap ×20

  • Pap ×40

  • Pap ×40
正解 3.腺癌(大腸癌の転移)
▼選択肢及び投票結果
1.肝内結石症 1件 (1.0%)
2.腺癌(胆管細胞癌) 36件 (37.1%)
3.腺癌(大腸癌の転移) 37件 (38.1%)
4.IPNB 5件 (5.2%)
5.腺扁平上皮癌 18件 (18.6%)
投票総数 97件 (100%)  

スライドカンファレンス

症例の臨床情報や細胞写真を掲載しています。選択肢の中から正解を選んで投票してください。

事務局
日本臨床細胞学会九州連合会 事務局
国立病院機構九州がんセンター
統括診療部病理診断科
〒811-1395 福岡市南区野多目3-1-1
TEL: 092-541-3231

ページTOPへ